レンタルサーバー
  • « 2021年05月
  • 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2014年12月09日

Helios 40-2 85mm F1.5 - #1

★141130-K3_Helios85_072.jpg
※ クリックで拡大 「 3008 * 2000 」
K-3 + Helios-40-2 85mm F1.5 - 1/2000s 開放F1.5 ISO100
Jpeg 「 鮮やか 」 撮影 - Zoner Photo Studio にて 自動コントラスト調整 処理


*istDS に付けっ放しで、長年私のお散歩の共であったレンズでした。
この数年はその重さに耐えられなくなったこともありますが、そもそも散歩をする暇さえ見出せずですっかりのご無沙汰。




★141130-K3_Helios85_070.jpg
※ クリックで拡大 「 3008 * 2000 」
K-3 + Helios-40-2 85mm F1.5 - 1/2000s 開放F1.5 ISO100
Jpeg 「 鮮やか 」 撮影 - Zoner Photo Studio にて 自動コントラスト調整 処理


久しぶりに持ち出したのは、初秋に既に5年も前になるこの写真のことを思い出したのが切っ掛けです。

@11-11bNov_01.jpg
撮影日は 2009 / 11/ 26


「 この画をもう一度 」・・・ 五年後の同月同日、その場所にいそいそと出かけて参りました。
あれ?変です。横の木の枝が邪魔をしている! それだけならばまだしも、目当ての葉は既に枯れかかって勢いがありません。
5年の月日の重さとチャンスの巡り合わせを思い知らされました。
・・・
しかし、どうにもこうにも気分がスッキリしません。
他にどこかないかと紅葉情報なるものをチェックし、数日後にリベンジで出かけた先はお手軽な 白鳥公園 です。

・・・・・・
・・・・・・

スクリューマウント( M42 )のロシアンレンズ。ところで、私はこの Helios 85mm は開放でしか使用しないと決めている。
そのグルグルボケだけがあれば、それで十分満足なのだ。他に?・・・何もない。
従ってピントは極薄。更には収差の嵐、狙ったポイントから僅かでも離れた傍から画は流れ始める。
・・・
ふと、K-3 のライブビューを使えばピントを追い込めるのではないかと閃いたわけ。が、あっという間に水泡に帰すことになる。
1kg 近くあるこのレンズのピントリングは根元にある。加えて個体差もあるだろうが親指と中指で掴みグイッと力を入れなければこのリングは回らない。
果してライブビューを見ようと構える腕はプルプルと震え、レンズはグラグラと揺れる。
ピントがどうこうより、構図が決まらない。瞬間、却下だ。

・・・・・・

上の2枚、構図を上下にずらしただけ。
狙った被写体の姿形は下のものが好みなのだが背景の黒い枝の割合が多くて、トップの画としては如何なものかと判断。
但し、下の画には大きな黒い円があるように構えた。中に古代帆船が浮いているのが何とも喜ばしい。
目を凝らせば、上の画にも安産のお守りみたいなものが 「 私はここよ 」 と主張しているので満足だ。


写真サイズは、2435 万画素 K-3 - 6016*4000pxl の 50%表示 3008*2000 pxlでアップしている。
ちなみに、これは手元にある 600万画素 *istDs の画素数である。

基本、手持ちの 「 Jpeg 撮り 」 、後処理については写真下に記している。
今回は全て Zoner Photo Studio でのクリック一発 「 自動コントラスト調整 」、「 自動レベル調整 」 を使用している。
・・・
また 50%へのリサイズ及び写真下に入れたネーム作業も Zoner Photo Studio での処理である。
Exif データはこれまで同様全て残してあるので、気になる人はどうぞ。




★141130-K3_Helios85_098.jpg
※ クリックで拡大 「 2000 * 3008 」
K-3 + Helios-40-2 85mm F1.5 - 1/1000s 開放F1.5 ISO100
Jpeg 「 鮮やか 」 撮影 - Zoner Photo Studio にて 自動レベル調整 処理


初めて訪れた白鳥庭園は晴れてはいるものの雲の多い日でした。予想はしていたものの凄い人出。
紅葉ポイントは敷地の片隅の僅かな空間でしたが、それでも秘境っぽい見事な雰囲気を醸し出しています。
被写体までの距離が近いので思い描いているイメージとは違いますが充分に楽しめました。
・・・
時折射す光を受けて、逆光にそれぞれの色を映す葉だけを狙ってシャッターを切ります。

・・・・・・
・・・・・・

例えばそのボケに定評のある MINOLTA AF85mm F1.4G や Tamron SP90mm F2.8Macro、或は FA77mm F1.8Limited を持ち出さず、
何故この Helios 85mm F1.5 なのか。
つまりは背景のボケ、一般的には醜いと言われるそのグルグルボケに〜動き〜を感じ、素直に愛おしいからである。
このレンズが見ている場の躍動感みたいなものを共有したい衝動に駆られている。




★141130-K3_Helios85_131.jpg
※ クリックで拡大 「 3008 * 2000 」
K-3 + Helios-40-2 85mm F1.5 - 1/1250s 開放F1.5 ISO100
Jpeg 「 鮮やか 」 撮影 - Zoner Photo Studio にて 自動コントラスト調整 処理


このレンズで開放且つ逆光で撮る画に、私は端っから写真の質を求めてはいません。
寧ろ版画や水彩画、アクリル画の延長戦上のものと言えるかもしれません。
否、子供の時にランドセルの中に大切に仕舞っていた色鮮やかな千代紙への郷愁の仕業かな、きっと。




★141130-K3_Helios85_143.jpg
※ クリックで拡大 「 2000 * 3008 」
K-3 + Helios-40-2 85mm F1.5 - 1/1000s 開放F1.5 ISO100
Jpeg 「 鮮やか 」 撮影 - Zoner Photo Studio にて 自動コントラスト調整 処理


★141130-K3_Helios85_162.jpg
※ クリックで拡大 「 2000 * 3008 」
K-3 + Helios-40-2 85mm F1.5 - 1/1000s 開放F1.5 ISO100
Jpeg 「 鮮やか 」 撮影 - Zoner Photo Studio にて 自動コントラスト調整 処理



陽を受ける頂上部から紅葉していき、手の届きそうな処の葉は未だ緑色です。
しかしながら、それらの色のコントラストは実に味わい深いものでした。





さて最後に、今回最も嬉しかった収穫を。
これらはまるで J.トレンツ・リャド の画を私に思い起こさせてくれる意外な贈り物でした。


★141130-K3_Helios85_159.jpg
※ クリックで拡大 「 2000 * 3008 」
K-3 + Helios-40-2 85mm F1.5 - 1/1000s 開放F1.5 ISO100
Jpeg 「 鮮やか 」 撮影 - Zoner Photo Studio にて 自動レベル調整 処理


★141130-K3_Helios85_240.jpg
※ クリックで拡大 「 2000 * 3008 」
K-3 + Helios-40-2 85mm F1.5 - 1/640s 開放F1.5 ISO100
Jpeg 「 鮮やか 」 撮影 - Zoner Photo Studio にて 自動レベル調整 処理


★141130-K3_Helios85_250.jpg
※ クリックで拡大 「 2000 * 3008 」
K-3 + Helios-40-2 85mm F1.5 - 1/640s 開放F1.5 ISO100
Jpeg 「 鮮やか 」 撮影 - Zoner Photo Studio にて 自動レベル調整 処理


ラベル:Helios85mm
posted by Shosyo at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Helios 40-2 85mm F1.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
(05/01)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 5月
(03/29)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 4月
(03/01)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 3月
(02/01)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 2月
(01/05)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 1月
(11/24)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 12月
(11/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 11月
(10/04)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 10月
(09/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 9月
(08/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 8月
(07/13)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 7月
(05/31)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 6月
(05/01)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 5月
(03/22)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 4月
(03/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 3月
カテゴリ
日記(84)
処々趣々写(79)
DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED(3)
DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II(2)
DA 16-45mm F4 ED AL(2)
FA★ 24mm F2 AL(4)
FA 31mm F1.8 AL Limited(5)
FA 50mm F1.4(3)
Helios 40-2 85mm F1.5(1)
DFA MACRO 100mm F2.8 WR(2)
RICOH GR(4)
検索
 
ファン