レンタルサーバー
  • « 2021年05月
  • 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2021年05月01日

壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 5月

2021 5月-L
※ クリックで拡大 「 1280 * 850 」

昨年末の「壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 12月」記事で仕事机前のオーディオ・システム完成!と書いたものの、
中低音はまぁ良しとするものの高音に関してはどうにも大味、雑味をまといどうにも滑らかに延びきらぬのが気になってきて…
・・・
というわけで、またぞろコソコソとアンプ探し。と、TEAC が新しいアンプを出すと言うのでネットをウロチョロしだしたわけ。
ところが、これまでハーフサイズで展開していたアンプ群であったのに、新アンプ AP-701 とやらはフルサイズとな。そりゃあかん。
以前に申したように、性能がどうのこうのの前に、何がどうであろうとでかいアンプは要らないんだわ、私。

その AP-701 だが、一部パーツの入手が出来ず発売延期らしい。
車にしろ、オーディオにしろ半導体工場火災の影響がいかに大きいかを痛感する。


今回、中華アンプはコストパフォーマンスはずば抜けているものの、音の仕上げはそこそこってなことで考慮外とし…
なんだが、欧米、国産にコンパクトなアンプってこれほどないとは。今の時代ってそんな?
あれこれ探すものの、TEAC しかな〜いじゃありませんか。

おそらくは Quad Vena あたりか、あとは DENON に PMA-150H、或いは格下 PMA-60 なんてのがあるのだが、
DAC とか ヘッドフォンアンプとか余計なもんは要らない上に、これらのDenon機はどうもトラブルが多いようで食指動かず。


TEAC は過去にカセットデッキにCDプレイヤー、そしてMDプレイヤー (おっとまだ保有しているわ) のお世話になっている。
ただアンプはと言えば、数年前に多分 AI-503 だと思うんだが聴いたことがあって、もう一つ、もう二つかな、やはり雑味の多い音の印象。
現行機種はプリメインアンプ AX-505 とパワーアンプ AP-505 になっており、そこで YouTube を探ると大阪のオーディオ店「逸品館」の比較動画を発見す。

TEAC AX-505、AP-505、CG-10M , Airbow AX-505 Special、AP-505 Special、CG-10M Special 音質 比較 評価
※ 「Special」銘は店独自のチューンアップ機種らしい
■ 各音源の音が流れ出す前に結構な大きさでハム音が聴こえる。これ、少々気にはなりますね。

AX-505 についてはやはり AI-503 を聴いた時の印象と変わらず。ギターの弦、錆びてんじゃねぇのって感じで音が伸びません。却下です。
店チューンアップ AX-505 Special は一聴して元機種瞬殺、なかなかのもの。
AX-505 でガッカリしたが、パワーアンプ AP-505 の方は期待できそう、印象よし。
AP-505 Special の方は AX-505 Special を聴いた時ほどの驚きはなし。実音を聴けば違うかもだが YouTube越しでのそれはまとまり過ぎ、音量も僅かに小さく聴こえる。
・・・
然すれば AP-505 か AX-505 Special かの二者択一、
既に DAC:D90 、プリアンプ:A90 は既定、機能(アンプ)に余計なものは要らぬのが得策。結果、メーカーすっぴん機種 AP-505 でよし!と購入ボタンを、、、
一応10秒程逡巡したかな、ボタンをクリックする。

して、現在は以下の如くアンプの入れ替えを完了。
Topping D90 - (XLR) - Topping A90 - Topping TP60 - Quad S1
Topping D90 - (RCA) - nuForce IconAmp - Yamaha NS-BP200

Topping D90 - (XLR) - Topping A90 - Teac AP-505 - Quad S1
Topping D90 - (RCA) - Topping TP60 - Yamaha NS-BP200  
いやぁ「高音〜低音」のバランスが明らかによくなった。特に懸念の高音はギターの弦は勿論のこと、ピアノも改善。音の抜けが一聴瞭然。
この季節は何てったって「橘 かおる 朝風に 高く 泳ぐや 〜」 いやぁホント、澄み切った空(間)に泳ぐ音の気持ちよさったらありませんて。
・・・
そして中国じゃなく、日本メーカーの応援が出来たこと自己満、円満具足。万々歳。

● ● ● ● ● ●
● ● ● ● ● ●

さて、未だにガラケーの私が、先月にどうしてもスマホにしなけりゃ、現ソフトバンクじゃなくて「楽天モバァイル」にすると書いたものの、
何だろうねぇ楽天も中国資本に蝕まれる危険性があるってことで、その懸念の中国テンセントの関与がどんなもんなのかが判明するのがこの5月の半ばと言う。

Sankei.Biz : 日米政府、楽天を共同監視 中国への情報流出警戒、実態把握へ [ 2021.4.22 ]
日経ビジネス : テンセント・リスクだけじゃない 楽天巡り強まる監視 [ 2021.4.21 ]

現代ビジネス:日本政府が「楽天と中国の関係」を監視し始めた…でもそれ効果ありますか…? 加谷 珪一 [2021,4,28]

いやはやヒタヒタと世界を犯していくPredator China のがん細胞の如きその白昼暴力の焦げ臭さ。
元はと言えば、世界中がコロナ対策でジャブジャブ注ぎ込んだ膨大な金もが、こともあろうにその元凶がん細胞の栄養源となっている不本意な現実故。
「ああぁぶつかるぅ」、判っているのにアララララァ〜とぶつかりに行っているようなもんで、
よくあるあり得ない事故って、そもそもアクセルとブレーキを踏み間違えるような構造であることが大問題なわけです。

シャープが買収された先は台湾だけれど、東芝家電は今や中国もの。そして今、パナTVも中国に生産委託とな。

Amazon から楽天に比重を移して来たけれど、しばし静観してまいります。

● ● ● ● ● ●

ところで最近やたらと「 SDGs(エスディージーズ)」なんてアルファベットの羅列文字がまたぞろ跋扈し始めて、何のこっちゃい?てな感じだ。

イマココラボ:SDGsとは

ま、ただの「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略。
・・・
別に「SDGs」の理念やその思想的背景に疑義を差しはさむものではないことを断った上でだ、
「えっ、あんた 'エスディージーズ' も知らないの?」なんて見下すように言い放つ風潮には、誠に向かっ腹が立ちますわ。
こんな「アルファベット羅列文字」なんぞでよしとする時代の流れがどうにもこうにも好きにはなれぬ。

さも知ったかぶって「SDGs」なんていうただの「羅列文字」なんて使わずに、ちゃんと「持続可能な開発目標」と言えばよいことだろうに。
ただの記号でしかないアルファベットの頭文字並べるのが、もしかして粋なの? 実に馬鹿っぽくて滑稽。

・・・・・・

思う。今更だが明治期に英語を日本語に移し替えた先人たちの感覚や感性、その英知を。

江戸時代に遡り、今から凡そ250年前の杉田玄白「解体新書」という先例もある。
Wikipedia:和製漢語

哀しいにも程がある。明らかに日本人の言語感覚は退化した。

● ● ● ● ● ●

話変わって、仕事とメールに使っているノートPCでのお話をしておこうかな。
調べものがあったので検索掛けてネットを徘徊していたら、「あっ!やばっ。これ踏んだわ!」と青ざめる。
・・・
いや別にあんなサイトやそんなサイトを覗いて興奮していたわけじゃない。仕事用PCだぞ、私にも分別はある。
庭に咲いている花の名前が判らぬので、居間に置いてあるそいつを使っていると、くそっ!花の画像なんかに仕込むなよ。
「 'トロイの木馬' を5個検出しました。McAfee で駆除して下さい」と右下にポップアップが連発し出す。
「Delete」だか「Cancel」だか、とにかく拒否し続けるもののブラウザにいかにもな McAfee 購入ペ−ジを開き続けて埒開かず。
もちろん '詐欺' です。

・・・・・・

ウィルススキャンするも何も引っ掛からず。ようやく気付いたのは使っていたブラウザ Chrome を立ち上げた時だけのひょっこり McAfee。
対策法が本家 McAfee のサイトに載っている。

McAfee サポート ナレッジセンター:マカフィーのロゴが含まれた「コンピュータがウイルスやマルウェアに感染しやすい可能性があります。」
などの怪しいメッセージが何度も表示される現象を解消する方法


指示に従い、私の場合は「Aloha News Net」をブロック。無事に「あのお花」を見る前の平穏な時間が戻りました。万々歳。

・・・・・・

ついでに、相も変わらず送られてくる「詐欺メール」を。前回は昨年10月に載っけたから半年ぶりですか。

~210426_SagiMail.JPG
※ クリックで拡大 「 1000 * 780 」

添付ファイルものが年末から元旦に掛けていくつか、あとつい最近「JCB」銘が目新しい。
頭の★欄の「C」は私の「詐欺メール」分類記号。
何故だろう、最近は「詐欺メール」を見つけると嬉々とした自分がいることに気付く。無い日はちょっとだけだけど、寂しい。

・・・・・・
・・・・・・

話戻って、凡そ400年前にもなるが、当時の日本人はポルトガル語やオランダ語でさえ、直裁ではあるもののしっかりと日本語にした。
・・・
そうだ、SDGs は「佐渡島」でよか。「持続可能な開発目標:佐渡島」だ。覚えやすいし洒落ているだろ。
ちなみに「種子島」は鉄砲のことだから間違いようもない。生きていたら信長も「佐渡島」に注視してるはずだし、多分。
天ぷら、食いてぇ。




2021 5月-M
※ クリックで拡大 「 1130 * 750 」

2021 5月-S
※ クリックで拡大 「 980 * 650 」

posted by Shosyo at 19:00| 宮崎 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 4月

2021 4月-L
※ クリックで拡大 「 1280 * 850 」

ようやく、指折って数えてみたらなんと二年と半、ボチボチとやっていた手持ちCDのリッピングが終わろうとしている。
掛け持ちでデスク前のオーディオのシステムも組んで、さぁこれからはのんびりと音楽鑑賞三昧と行きたいところ。
・・・
振り返って、リッピングした折に最も手を焼いたのは、各アルバムの「ジャンル分け」であった。
別に分ける必要があるわけではない。が、アルバム探しの一目安としてそれがあるとなしでは大違いなことは自明だろう。
で、私は私なりの感覚で一つ一つ、その都度都度逡巡して分けていった結果、最終的な「ジャンル分け」はこうなった。

MusicFolder.JPG

タグで「ジャンル分け」する御仁もおられるだろうが、私には各アルバム(データ)はフォルダーで分別管理する方が有益だ。
よって私のデータには特段のタグ埋め込みは無い。なぜならば、あまり必要を感じていないからさ。

例えば「Roon」なんていうプレイヤーソフトもあるそうで、
クリック一発であれやこれやと片っ端からデータを集めてくれるらしいのだが、う〜んそこまでして...って思うのは私だけか。
羅列される情報に気を取られ、聴いてる音楽そっちのけ、究極の「ながらリスニング」の趣に気が萎える。お代も年一万円とな。要らん。


但し、この一項目だけは絶対タグ付けしたいと念願していたものがあって、それが何かと申せば「リリース年」で、
それは現在使用しているプレイヤーソフト「Tunebrowser」にて、各アルバムにコツコツ書き込みました。して、その念願の成果がこれ。

TuneBrowser.JPG
※ クリックで拡大 「 1920 * 1058 」

どうでしょ、「1967年」にリリースされたアルバムの "一目瞭然だろ、ふふ、どうだい?" です。
その時代の空気と言うか感覚と言うか、が見えて来ますでしょ! そう、これこれ、これが欲しかったの。
脳内では無理、むろんCD棚を見てもこんなこと無理無理。

デジタルの力、恐るべし。ありがと〜ぅ。

本当は100枚位ドドドッといっぺんに表示されれば文句なしなのだが、それだけのためにでっかいモニター買うのか? で、諦める。
Jazz は「録音年」も埋め込んだから、画面のアルバム横の「年」はそちらが優先されて表示されているけれど、
それはそれで、左欄のそれぞれの「録音年」で一発表示ができるので心配ご無用。素敵。
・・・
ジャケット写真はソフトに任せるととんでもなく酷いものを拾って来るので、これも全て自分で探し出すか手元CDをスキャン。


タグ分類で、他にあればいいなと思えるのは「プロデューサー」くらいだろうか。そのうちチンタラチンタラとやってみるかな。
で、他は "そんなもんわざわざ要らんわ" と言い切ってよかろうと思っている。

● ● ● ● ● ●
● ● ● ● ● ●

以前に何か「Line」のことを書いたなぁ、と昔の記事を見返し 'そうそうこれこれ' だったのは、
「霧島焼酎」のキャンペーンが「Line」使用者限定なんてことやり始め、ならば '私はこれからは「薩摩白波」を飲みますわ' の話であった。
・・・
あぁ、個人とか民間は言うに及ばず、行政から政治家まで、これぞ天然「平和ボケ」日本、ここに極まれりなのだなぁ。
こんなこと、ちょこちょこっと会社来歴でも調べれば火を見るより明らかだろうに、である。
こりゃファーウェイがどうのこうの言う以前の問題、自分から火に飛び込んで行くとは何事ぞのお粗末。足腰弱いなぁニッポン。

・・・・・・

さてと、「Line」に無関心な私はと言えば、当たり前田の「ガラケー」愛用者だ。
・・・
Jフォンじゃなくて、ボーダフォンじゃなくて、えーとそうそうソフトバンクからしょっちゅうスマホに買い替えろとやんやの催促が来るが、
例えスマホに切り替えることになろうとソフトバンクで使う気はさらさらないからご愁傷様である。

ソフトバンクの名がサッと出て来ないんだよねぇ。記憶がJフォンに紐づけされているのかもしれん。不思議よね。
・・・
そのソフトバンク、10年前からデータセンターを韓国に置いている。
● ソフトバンクニュース:ソフトバンクテレコムと韓国KT社が データセンター事業で合弁会社を設立 (2011-06-16)


実情、私はこの10年というもの、「ガラケー + 10inchタブレット」で全て事足りているんだもの。スマホ要る?
但し、もしもの時は「楽天モバァ〜イル」でいいんじゃないと最近あの ''どピンク CMを見て思ってる。0円だし。

さて、CM見た10人中8人位、7人位? 頭の中でボビー・ハッチャーソンがきっと鳴り出しているはず。
今夜、一杯やりながら聴くとしよう。




2021 4月-M
※ クリックで拡大 「 1130 * 750 」

2021 4月-S
※ クリックで拡大 「 980 * 650 」

● ● ● ● ● ●

'デジタル' 凄いけど、アナログも凄いはずなのよ。

2021 4月-L
※ クリックで拡大 「 1280 * 850 」

2021 4月-M
※ クリックで拡大 「 1130 * 750 」

2021 4月-S
※ クリックで拡大 「 980 * 650 」

posted by Shosyo at 18:00| 宮崎 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 3月

2021 3月-L
※ クリックで拡大 「 1280 * 850 」

少々不安だったのだが新しく始まったNHKの大河「青天を衝け」、思いの外面白い。
まずはそのテンポの良さに感心。そして特筆すべきはCGも違和感少なめ、格段に進展し一皮も二皮も剥けた感のある「画」だ。

カメラの進化には面食らう。静止画の特恵であった被写界深度の浅い(ボケのある)画が動画でも今や普通に。
・・・
マラソンの奴は見ていないので判らぬが、その前年の「西郷どん」までの「画」作りとは隔世の感がある。
昨年の「麒麟がくる」も衣装の色使いがこれまでにない刮目の演出、「画」だけでも飯が何杯でも食えた。


ほとんどTVドラマを見ない私の、これが唯一、テレビの前での晩酌時間。日曜の夜だけのちっちゃな楽しみ。
・・・
待て、他にテレビドラマなど見ない。と言い切ってしまうところだったが、BSでの「コウラン伝」も見ていたことに気付いてしまう。
時にすっかり忘れること度々で、湯船の中であぁそうだったと思い出すことの方が多いのだが、
仕方なかろう、「秦の始皇帝」のお話だ。但しこのドラマの脚本・演出ときたら...(大笑) これは「人形劇」、と割り切って観ている。

・・・・・・

そう言えば「麒麟がくる」で、まだ最終回前のこと、「ま〜た天皇陰謀説かよ」と文句を垂れていた記事をどこかで見た。
実際に、光秀の面前で天皇が遠回しに匂わせるような演出もあるにはあったが、そこだけにスポットを当てていたわけではなかっただろうに。
先に「文句ありき」では眼も曇る。

光秀は何故信長を殺すに至ったのか? 「本能寺の変」は極上のミステリーだからねぇ。

いや、例えば「ま〜た天皇陰謀説かよ」だったとしてもだ、それでも私はそれを楽しむことができる。
以前にも言った通り、この数年は「本能寺の変」、おっと、じゃなくて「古事記・日本書紀」の読み解きが人生最後の道楽と化しているわけで、
玉石混合、いろいろピンキリあれやこれや、気になったモチーフの書物を芋づる式に読み漁り。その我が枕元が冒頭の写真である。
・・・・・・
・・・・・・
リスが収穫したどんぐりを脈絡なしにあちらこちらと土に埋めてしまってさぁ大変なる話がある。
私たちの記憶も似たようなもんじゃなかろうかと、これは予てより勝手に私が思っていることなんだが如何だろう。
リスも毎日同じルートばかりを巡回するようになれば、ルートから外れて埋められたどんぐりは何時まで経っても見つけようがない。
人もいつも同じ思考回路だけで物事を考えるようになってしまえば、そのルートから外れた処の記憶はもう二度と思い出せまい。
・・・
で、時には全く違う回路(ルート)を試せば、あらまこんな処に!と突拍子もなく記憶がひょっこり顔を出すってことになる。
皆さんも、あれだけ思い出せなかったことが、他のことをやっている時に不思議とふと蘇って来ることがあろう。
結論。目指せ!脳内回遊。人生、如何に脳味噌の中を満遍なく歩き回るかだ。

と、自らに言い聞かせ、「青天を衝け」で酒を飲むの、今年は。

● ● ● ● ● ●
● ● ● ● ● ●

2月11日は建国記念の日、朝も暗いうちに目が覚めてしまい、ラジオのスイッチを入れる。NHKのAM放送。
連日の「コロナ情勢」、「米バイデン新大統領動向」、それに「自衛隊潜水艦衝突事故」のニュースもあっただろうか、
そんな新聞一面に載るニュースが流れた後に、何故だろうか「某水泳選手の森喜朗人格批判コメント」がさも一大ニュースのように読み上げられる。
・・・
あぁ嫌なもんを聞いてしまったなぁ。寝ぼけた脳味噌が拒否反応を覚えたのを感じながら、二度寝の快楽へと落ちた。
目が覚めると、既に外は明るい。今日は天気がよさそうだなと思った瞬間、再びラジオがその例のやつを再び流し始めた。
あぁそうだった。気分が悪い。いい天気が台無しだわ、この野郎。
・・・・・・
・・・・・・
これも「コロナ禍」なんだろうか、小中高での「いじめ」が激増しているそうだ。
件数が過去最多の61万2,496件、前年度より6万8,563件の増、とのこと。

Google 検索:いじめ 件数

ここで「いじめの構造」を議論するつもりは全くないが、その一つに今の社会に蔓延、大手を振っての「同調正義」には、あっくそぅ血圧が…
で、機を逃すまいとノコノコ絡んでくるのが、以前から、もう何度目だろうか、「私って何ていい人なの症候群」の人間たち。本当に性質が悪い。
・・・
問題の発言は2月の3日だった。「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」
「聖火ランナーを止める」だの、「ボランティアを止める」だの、それはそれで好きにしたらえぇ。

森氏本人の事後対応、あの不貞腐れた「やれるもんならやってみろ」的な対応は氏のダメっぷり満開でとても擁護できないが、
一つの事象発言が日を追う毎に「女性蔑視」だと解釈が肥大化して行く状況は、日本社会の闇、丸裸の態。


んっとに、「私って何ていい人なの症候群」を誇示しようと獲物に集るわ、集るわ。いい天気が台無しだわ、この野郎。
・・・・・・
・・・・・・
毎日毎日「森問題」を追いかけていたわけではないけれど、ネットでニュースを読む時に偶々その問題を論じたものを目にすれば、そりゃ読むわな、な。
で、そのうちの一つがこれだ。

現代ビジネス:「座敷牢に入れて」森喜朗を批判したラサール石井の「逆炎上」が的外れだといえる理由 / 赤木 智弘

本題からは外れているが、気になったので取り上げたい。
大意は、「同じ発言でもそれなりの地位にいる人間と雑魚のそれとでは持つ意味が大きく違う」という処か。

私は根っからの芸能界オンチである。この「ラサール石井」氏が何者なのかもピンと来ない。
よって、判りやすく言うために「雑魚」の名称を使わせていただく。だってそういう意であるからして。


なるほど、実社会に於いてはそういうことも考えられんことはない。が、この考え方は実に危険だ。
一言、それは「ダブル・スタンダード」です。

● ● ● ● ● ●
● ● ● ● ● ●

さて、この記事でもそうなのだが、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」が、何故に完全な「女性蔑視」になるかは誰も説明しない。
「森発言」、確かに嫌悪感は滲ませてはいる。が、これが「女性蔑視」へと理屈の飛躍する様はさてさてどうしたもんだろう。
建国記念日の某水泳選手にしてもそうだ。他の数多ある「森喜朗完全否定コメント」もチラチラと拝見したが、誰一人として説明がない。
ただただ、感情の昂ぶりを見せつけられるだけに終わる。
・・・
感じるのは、「私って何ていい人なの」の「同調正義」感情論である。
これを機に今回勉強することになったのは、いやいい勉強をした、…のは、

Google 検索:キャンセルカルチャー
Google 検索:アンコンシャス・バイアス 無意識の差別

ところで、女子会と言う名の豪華ランチでひと騒ぎに何度か遭遇したことがある。
私?打ち合わせ。テーブルの脇の冷めきったコーヒーを帰る間際にもったいねぇとがぶ飲み、悲しき下働きの身。
「亭主元気で留守がいい」の大笑い。さて、これからの日本社会、どう始末を付けるのだろうか。

・・・・・・

最後に、NUKのニュースについて一言、これは言っておかねばならない。
問題を大きくしているのはメディアの責任も大きい。と言うか、ほぼあんたらが火のない処に煙を立て、火に無用な油を注いで喜んでいることは先刻承知だが、
三面の片隅に載るような記事をさも一面のそれのように扱うのは、喜ぶ人間が多いのだろうが、私には、

● '200302 追記:意・解説
「亭主元気で留守がいい」........... ギャハハハハ、これまでは笑って済ませられた。
しかし「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」を蔑視扱いにした今、「亭主元気で留守がいい」を笑える社会は葬られてしまったと言っていい。
一部の「私って何ていい人なの」な正義感馬鹿のお仕事だ。またそれを意図的にばら撒いて鼻高々な仕手集団もいる。
智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通とおせば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。
漱石先生、どうしましょう?

いい天気が台無しだわ、この野郎。お陰で、この一週間ときたら、そしてこの先一週間の天気もグズグズだわ、この馬鹿が。




2021 3月-M
※ クリックで拡大 「 1130 * 750 」

2021 3月-S
※ クリックで拡大 「 980 * 650 」


posted by Shosyo at 17:00| 宮崎 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
(05/01)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 5月
(03/29)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 4月
(03/01)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 3月
(02/01)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 2月
(01/05)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 1月
(11/24)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 12月
(11/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 11月
(10/04)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 10月
(09/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 9月
(08/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 8月
(07/13)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 7月
(05/31)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 6月
(05/01)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 5月
(03/22)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 4月
(03/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 3月
カテゴリ
日記(84)
処々趣々写(79)
DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED(3)
DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II(2)
DA 16-45mm F4 ED AL(2)
FA★ 24mm F2 AL(4)
FA 31mm F1.8 AL Limited(5)
FA 50mm F1.4(3)
Helios 40-2 85mm F1.5(1)
DFA MACRO 100mm F2.8 WR(2)
RICOH GR(4)
検索
 
ファン