レンタルサーバー
  • « 2021年05月
  • 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2021年01月05日

壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 1月

2021 1月-L
※ クリックで拡大 「 1280 * 850 」

新しい年になりました。
もう去年のことなれど、12月に入ってからというもの連日の朝方氷点下で、年末年始は数年に一度の大寒波が来るぞぉ〜とやらで、
ところが大騒ぎの雪はどこ?の'ど快晴'令和三年幕開け。とは言え、朝方は氷点下。何しろ地域柄ゆえ私に暖房を入れる習性がない!、で毎日さぶい朝、我慢。
・・・・・・
大晦日の「ベートーヴェン:第九」、元旦の「Yes:海洋地形学の物語」の 40年来の習慣は目出度く今年末年始も回を重ねることができた。

「Yes:海洋地形学の物語」については、以前に書いたこの記事でもどうぞ。
ShoSyoShuSyuSha 047 : Tales from Topographic Oceans


ただ「第九」は例年手持ちのCD聴きだったものを、今回は NHK教育で「ほぼベートーヴェン特集」をやっており、それを視聴。
裏でやっていた「紅白歌合戦」はまたまた見ずじまいで、「生涯'紅白'視聴時間」は'4分'のまま本年末まで持ち越し、どうにも 5分の壁は厚いぜ。

・・・・・・

さして見る番組も見当たらい正月のテレビ。元旦夜に NHK-BSで「邪馬台国サミット2021」なるもんをやっていたので酒のつまみに。
日頃より畿内説を唱える奴はどうしようもない'馬鹿'だと思っているのだが(笑)、今回もその思いは覆らずだった。
纒向学研究センター:寺沢薫氏「前方後円墳は畿内から全国に広まったんだぜっ、どやっ!」
大阪大学大学院教授:福永伸哉氏「銅鐸は畿内から全国に広まったんだぞっ、どやっ!」
で、前方後円墳にしろ銅鐸にしろ、邪馬台国とどんな関連があるんでしょ?
餃子作るって言ったのに、ブリと大根買って来る'馬鹿'なんてどこにもいないでしょうに。

● ● ● ● ● ●
● ● ● ● ● ●

この年末年始、うちの田舎でもコロナがやばくなっている。下手をすると「外出自粛」要請が出るかもしれぬとのこと。
聞いてどうにもやるせない気持ちになったのが、濃厚接触者となったにも係わらず保健所からの検査要請を拒否し続けている人間がいるって話。
何故拒み続けるのであろう。出歩きたいのか?
・・・
その話を聞いてから、「日常」ってやつは一人一人が一時一時をコツコツと平衡させていたんだなと考えるようになった。
これまでにない猛威の「第3波」が吹き荒れる今、危惧するのは「私利私欲」であるのかもしれぬ。
それを締めないと、あの「日常」はガラガラと瓦解していくような気がしている。実に怖い。

・・・・・・

年末は NHK-BSで「ゴッドファーザー」3部作をやっていたので30数年ぶりに観る。頭の中で「私利私欲」のことを考えながらである。
いや、どんな人間も皆「私利私欲」で生きているのだ。問題はそれを制御し続けるだけの「節度」の在り様だろうか。
・・・
その後でふと思い出し、これも30年ぶりになるなぁ、久しぶりだなぁ「覇王別姫」を観る。
上映された当時、映画館で3連荘した程の記憶にしっかりと刻まれている映画の一つ。'93年作、中国映画。
Wikipedia - さらば、わが愛 / 覇王別姫

話の大枠は上に載せた Wikipedia ででも確認していただければと思うが、
子供の頃から共に厳しい修練に堪え「京劇」の主役を張るに至った二人の、20世紀という激動の時代に翻弄された半生を描いている。
大きくは次の3つの時代を描く。
一つ目は「日本軍による統治」の時代、二つ目は日本敗戦後の「国民党による政府」の時代、三つめが共産党統治下での「文化大革命」の時代。
・・・
それぞれ画を切り出してみたので参考にしてほしい。但し字幕が読める程度まで画は加工しているので、そこは我慢してね。

「日本軍統治」時代
覇王別姫01a.jpg
※ クリックで拡大 「 2080 * 310 」

「日本帝国主義を倒せ」の北京の街中の様子を描くが、'37年に遂に日本軍が北京を占領下に置いた後は「京劇」鑑賞のシーンが主となる。
そこでは左右の壁、及び二階正面貴賓席に日の丸が整えられ、また日本兵も整然と劇を観る風景が描かれる。
料亭の宴席に呼びつけられた場面でも、座の日本兵はきちんと列を崩さず手には白手袋。紳士的な鑑賞と拍手は舞への敬意に他ならぬ。

「国民党政府」時代
覇王別姫02a.jpg
※ クリックで拡大 「 2080 * 520 」

舞台に詰め寄り懐中電灯を振り回す国民党兵士。矢も盾も堪らず舞台上から「日本軍もしませんですた」と戒めるや逆切れする始末。
その後、日本軍占領下での協力したかどで裁判にかけられるのだが、あっちょっと字幕が見難いかな、書き写しておこう。
周りの人間が日本軍に強制的にやらされた結果だと弁護するも、弁明すらせず言い放った言葉が
「私も日本人は憎い。だけど彼らは私を殴りはしなかった。青木が生きていたら京劇は日本に伝わったことでしょう」
「青木」というのは日本軍将校の名だ。

「共産党・文化大革命」時代
覇王別姫03a.jpg
※ クリックで拡大 「 2080 * 310 」

戦後、政府を樹立した国民党だったがソ連の支援を受け始めた共産党の前に、4年という短期間で命脈が尽きる。
取って代わった中国共産党もいりいりやらかすのだが、最大の黒歴史は「文化大革命」と言っていいだろう。
Wikipedia - 文化大革命
1989年の自由への渇望を抹殺した「天安門事件」という大虐殺事件もあるが。

繰り返すが、作られたのは'93年。国民党兵士の卑屈さ、中国共産党の卑劣さをよくここまで描けたものだ。
そして27年経ち、その間にイギリス統治下の制度を50年間保証されたはずの香港はもはや生き地獄と化している。
他者批判、自己美化の今の中国共産党ではもう描けまい。
・・・
今、私はいつまで経っても腐った性根の治らない様を香港で見せつけているその卑劣を「近平の大獄」と名付けたい。
根底には、中国共産党の「私利私欲」がある。
「日輪刀」を手にすることが可能ならば、天安門の門外で首を刎ねてみたい気がせぬでもない。

● ● ● ● ● ●
● ● ● ● ● ●

そこにあった「日常」がどんどん崩壊して行っている。
元日の'ど快晴'の空が何らかの啓示を与えてくれていたのであれば、私はとても嬉しい。


※ '210106 追記
昨年中は全くWHOによる調査団を受け入れなかった中国だったが、年明けにはようやく受け入れるとの報があった。
が、結局はまた門を閉ざしたようである。WHOテドロス事務局長が「大変失望した」と言ったそうである。
失望するのに一年も掛かってりゃ世話ねえや。以上。





2021 1月-M
※ クリックで拡大 「 1130 * 750 」

2021 1月-S
※ クリックで拡大 「 980 * 650 」

● ● ● ● ● ●

● '210107 「白背景」追加
2021 1月-L
※ クリックで拡大 「 1280 * 850 」

2021 1月-M
※ クリックで拡大 「 1130 * 750 」

2021 1月-S
※ クリックで拡大 「 980 * 650 」

posted by Shosyo at 18:00| 宮崎 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事
(05/01)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 5月
(03/29)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 4月
(03/01)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 3月
(02/01)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 2月
(01/05)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 1月
(11/24)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 12月
(11/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 11月
(10/04)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 10月
(09/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 9月
(08/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 8月
(07/13)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 7月
(05/31)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 6月
(05/01)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 5月
(03/22)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 4月
(03/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 3月
カテゴリ
日記(84)
処々趣々写(79)
DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED(3)
DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II(2)
DA 16-45mm F4 ED AL(2)
FA★ 24mm F2 AL(4)
FA 31mm F1.8 AL Limited(5)
FA 50mm F1.4(3)
Helios 40-2 85mm F1.5(1)
DFA MACRO 100mm F2.8 WR(2)
RICOH GR(4)
検索
 
ファン