レンタルサーバー
  • « 2021年05月
  • 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2012年10月31日

smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II - #2

★100611-K20D_1855_004a.JPG
※ クリックで拡大 「 2323 * 1555 」 / 右クリックで「新ウィンドウか新タブで開く」が確実なようです。
K20D + DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II - 24.4mm 1/40 F4 ±0補正 ISO250
Jpeg 撮影 - カスタムイメージ 「 人物 」 で、撮って出し


私、好きなんですね、豆腐の白和え。
この時はひじき、ホウレン草にジャコを入れて、あと七味も一振りしてあります。
「 豆腐がやけに茶色いな 」 とお思いの方もいるでしょうが、これは心配御無用、いつも砂糖に黒砂糖を使うせいです。
・・・
24.4mm で F4 のこれは即ち開放絞り、且つ最短距離での撮影でピント面が極薄です。
が、このレンズのボケ質の柔らかさも手伝ってか、舌の上でほぐれた白和えの感触が蘇ってきます。


公式には 「 オレンジ色距離指標の 0.35m〜0.25m での開放絞りでは画面周辺部で画質の低下が認められる 」 の発表がされている。
ちなみに最短撮影距離 0.25m とあるけれど、ワーキングディスタンスを実測したら 11cm だった。


・・・・・・
・・・・・・

前回は、1460 万画素機 K20D の 4672*3104pxl の50%表示を基準に 2336*1552 pxl で写真をアップした。
今回の写真には 1020万画素機 K10D - 3872*2592pxl もある。さてどうしたもんかな?
迷うに迷ったけれど、短辺 1500pxl 確保を優先し、60%表示 - 2323*1555pxl でアップしたい。
・・・
60%縮小 の方が 50%縮小 よりも劣化して見える可能性も(ジャギー等)あるけれど、サイズを優先。
上の K20D は撮影時の画素数設定を 「 10M - 3872*2592 」 としていたため、60% - 2323*1555 ということになる。
また、今回も Exif データは全て残してあるので気になる人はどうぞ。



★091018-K10D_024Zoner0.jpg
※ クリックで拡大 「 1555 * 2323 」 / 右クリックで「新ウィンドウか新タブで開く」が確実なようです。
K10D + DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II - 55mm 1/25 F8 ±0補正 ISO400
Jpeg 撮影 - Zoner Photo Studio でコントラスト処理


こういう時に野暮言っちゃいけません、「 世界は二人のために 」 です。
・・・
考えているより気持ち多めにコントラストを上げてやると、抜けのいい画になるのが判るはずです。
二人の周りの空気が清らかに澄んでいるのが見えるでしょうか?


前回は後処理に、純正 PENTAX Digital Camera Utility 4 を使った。
今回は、そこに Zoner Photo Studio も加えてみた。何故? ・・・ 使いやすい上に、タダだから!
○ Zoner Photo Studio 13 FREEダウンロード
FREE 版だから RAW-Module(profile) などは使えないが、RAW 現像は可能だ。
まぁプロファイルがないってことくらいはペンタ使いならどうってことはない。
・・・
ところでこのソフトの便利さは、通常ある 「オート調整」 がどの程度の調整をしているかがわかるところ。
目安になる調整数値が判ることは思うよりも凄く参考になる。お試しあれ。



DA18-55mmII
※ クリックで拡大 「 1555 * 2323 」 / 右クリックで「新ウィンドウか新タブで開く」が確実なようです。
K10D + DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II - 37.5mm 1/40 F11 +0.3補正 ISO400
Jpeg 撮影 * PENTAX Digital Camera Utility 4 にて 「ナチュラル」 処理


実ると言えば、日本人たるものお米を忘れてはいけません。
TPPが施行されればこのような田園風景も見事に日本から消滅、下手すれば今が最後かもしれません。
・・・
「ナチュラル」 で処理ではありますが、彩度を抑え気味にしてコントラストは多少上げています。
上でも書きましたが、コントラストを上げてやるとキットレンズからステップアップ、一皮向けます。
さらに 「 彩度を下げてみたらどうだろう 」 と試すと、実に懐があって奥行きのある画になりました。私好みです。


個人的にちょうど3年前の今頃、俗に言う 「 銀残し 」 に凝っていたころの趣で。
「 銀残し 」 はその後、K-5、K-r のカスタムイメージの一手に採用された。目出度し目出度し。


改めて思います。「 田園風景 」 を無くせばもはや日本に非ずです。
「 ビニールハウスが農村風景 」 では幾らなんでも悲しすぎます。でしょう?



DA18-55mmII
※ クリックで拡大 「 1552 * 2336 」 / 右クリックで「新ウィンドウか新タブで開く」が確実なようです。
K10D + DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II - 42.5mm 1/60 F8 +0.3補正 ISO125
Jpeg 撮影 * PENTAX Digital Camera Utility 4 にて 「 雅 」 処理


市井から姿を消してしまった、もはやスーベニールのような存在の茅葺屋根。
ここもそう、東山植物園に移築されている小さな合掌造り家屋です。
・・・
F8 まで絞っています。大きな破綻もなくこれで充分です。いえ、それはとても大事なことなのです。
手前の垣根とザックリと切り取られた萱の軒先まで、軒下の縁側や障子から奥に覗いている座敷へと、
それらの距離感がしっかりと画から掴めます。大丈夫です。



DA18-55mmII
※ クリックで拡大 「 1555 * 2323 」 / 右クリックで「新ウィンドウか新タブで開く」が確実なようです。
K10D + DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II - 55mm 1/400 F6.3 +0.3補正 ISO100
Jpeg 撮影 * Zoner Photo Studio で処理

山羊か鹿か或いは羊の写真は絶対いると言うので、山羊です。
55mm ( 換算 85mm ) で 2m 程の距離ですから、完全にポートレイトモードの定型そのもの。でも山羊です。
・・・
長くウェーブのかかった毛が実に柔らかく解像しています。
また鼻の辺りは既に被写界深度から外れていますが、柔らかくボケていく感じはとても自然です。
耳と頬にチョコマカと動き回る小蝿にも関わらず、ジッと身構えていた山羊さんに 「 ご苦労さん 」






DA1855_001.jpg
PENTAX+ > 交換レンズガイド > 18-55mm F3.5-5.6 AL II


ラベル:18-55mm
posted by Shosyo at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
(05/01)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 5月
(03/29)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 4月
(03/01)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 3月
(02/01)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 2月
(01/05)壁紙・カレンダー : 2021 (令和三年) 1月
(11/24)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 12月
(11/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 11月
(10/04)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 10月
(09/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 9月
(08/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 8月
(07/13)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 7月
(05/31)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 6月
(05/01)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 5月
(03/22)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 4月
(03/02)壁紙・カレンダー : 2020 (令和二年) 3月
カテゴリ
日記(84)
処々趣々写(79)
DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED(3)
DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II(2)
DA 16-45mm F4 ED AL(2)
FA★ 24mm F2 AL(4)
FA 31mm F1.8 AL Limited(5)
FA 50mm F1.4(3)
Helios 40-2 85mm F1.5(1)
DFA MACRO 100mm F2.8 WR(2)
RICOH GR(4)
検索
 
ファン