レンタルサーバー
  • « 2017年05月
  • 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017年05月22日

ShoSyoShuSyuSha 046 : Solace

★★GR_115B_Joplin-Solace.jpg
※ クリックで拡大 「 4928 * 3264 : 原寸100% 」
Ricoh GR - 1/250s F5.6 露出補正-0.7 ISO160
Jpeg撮影「 白黒 」


ボォ〜とTVを見ていたら、幾人もの男たちが交差点を機械的に歩くCMが流れてきたのである。

もっと何かしっかりした名前があるのかと思ったら、な〜んと 「集団行動」という競技名だそうだ。
名前からして味も素っ気もない。宅配便のダンボールが選別されているような実に無機的な虚しさが押し寄せてくる。


CMを作るぐらいだもの、あのような動きを好きでやる人もいれば、見てアドレナリン出まくりの人も多いのだろうか。
私はといえば、こういう非人間的な動きには瞬時に拒否反応が出てしまう。胃液も逆流しそうだ。
・・・
さしずめ、身が腐り体中に虫が這いずり廻っている伊邪那美に追いかけられている伊邪那岐の気分だ。


あまりにも唐突な例えで申し訳ない。いやなに、最近「古事記・日本書紀」の読み解きに嵌まってしまったもんだから仕方なかろうもん。
・・・
伊邪那美(イザナミ)と伊邪那岐(イザナギ)は、「私の体には、成長して、成長していないところが一ヶ所あります」「私の体には、成長して、成長し過ぎたところが一ヶ所あります」として、
八ヶ所と六ヶ所の合せて十四ヶ所の島(国)を生み、その後には様々な神々三十五柱を生み出す。
ところが、火の神である火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ:カグツチ)を生む時に伊邪那美は陰部に大火傷を負い亡くなってしまう。
そして、怒った伊邪那岐はなんとこの火之迦具土神を殺してしまうのだ。
さて、そもそもが国生みの前に二人には水蛭子(ヒルコ)とアハシマの不具の2子が生まれているのだが、育児放棄している。
・・・
というような話の顛末の後に、伊邪那岐が亡くなった伊邪那美を取り戻しに黄泉の国へ出かけて行った始末が、上に述べた逃亡劇となり、
逃げおおせた伊邪那岐は日向の地で禊いだ末に、アマテラス・ツクヨミ・スサノヲの3神を生むことになる。

● ● ● ● ● ●

これらの話は何を意味しているのだろう。しかも、これは神というより人間そのものだ。それもかなり出来の悪い(笑)
考えれば考えるほど、今から1300年前に編まれたこの物語が各地の伝承や伝説を張り合わせただけの全くの作り話だとは、私にはとうてい思えない。
各々の話に隠されている史実、中でも伊邪那岐と伊邪那美が一体誰だったのかを是非知りたいものだ。



人にはそれぞれの距離感覚があり、それぞれの歩くテンポがあり、それぞれの顔を向けたい処がある。
それが自然な人間らしさをもたらしている。追い立てられているような姿には嫌悪感しか沸かない。

前回記事でも触れたとおり、伊勢神宮は天照大神(アマテラス)を祭っている。
ほら、写真からでも詣でた人々の安らかな心持ちが伺われるはずだ。



● ● ●


Scott Joplin - Solace : The Sting Soundtrack (1973)



私が Scott Joplin を知ったのは、映画「 The Sting 」のおかげである。
この映画を見なければ、おそらくここまで何回も聴くこともなかっただろう。
・・・
偶にこの映画のための音楽と誤解している人もいるのはご愛敬だが、20C初頭のアメリカ人作曲家の手になるものだ。
その上、特筆すべきは彼が黒人であることだ。
ジャズの世界では何の不思議でもなかったが、この事実に中学生の私は本当にぶったまげた。

・・・・・・

どうにもイライラして何事も捗らない時に聴くこの Scott Joplin とか Stephen Foster とかの音楽は本当に効き目が抜群だ。
伊邪那岐と伊邪那美にも聴かせてあげたい。
・・・
ちなみに、Solace の意味は 「 慰め、慰安、慰めになるもの 」とある。


・・・・・・
・・・・・・


The Sting: Original Motion Picture Soundtrack
The Sting: Original Motion Picture Soundtrack
曲名リスト
1. Solace(Orchestra Version)
2. The Entertainer
3. Easy Winners
4. Hooker's Hooker
5. Luther
6. A. Pineapple Rag/B. Gladiolus Rag
7. The Entertainer
8. The Glove
9. Little Girl
10. Pineapple Rag
11. Merry-Go-Round Music: A. Listen To The Mocking Bird/B. Darling Nellie Gray/C. Turkey in The Straw
12. Solace(Piano Version)
13. A. The Entertainer/B. Rag Time Dance
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タグ:GR
posted by Shosyo at 15:00| 宮崎 ☀| Comment(0) | 処々趣々写 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

ShoSyoShuSyuSha 045 : Lady D'arbanville / 花のメルヘン

★GR_049CinemaCatLady.jpg
※ クリックで拡大 「 1632 * 1632 : リサイズ50% & 左右カット 」
Ricoh GR - 1/160s F3.5 露出補正±0 ISO160
Jpeg撮影 - ZonerPhotoStudio18 にて「 Cinema 」 処理


八祢宜山は剣峠に源を発し、およそ13kmの距離を下れば、そこに伊勢神宮の御手洗場がある。
そこは、五十鈴川として私たちのよく知る神聖な地だ。

八祢宜山。八人の祢宜の山とは意味深な名だが、調べてもその名の由来に然したる驚きの事実などなさそうだ。
何だかとても残念である。


13km などとわざわざ距離を記したのは、これだけ長い流れでもこの五十鈴川が清流であることへの敬いからだ。
また対岸の石垣の高さから大雨時の水量を推し量れるのだが、ここで面白いのは私たちが接するこちら側の岸である。
参道から五十鈴川に降りていくこの石畳は、まるで海辺りの砂浜である。

なだらかな砂浜は、満潮〜干潮の水面の高さを吸収する優れた構造を持っているよね。

日本人の祖先が海の民であったことの証が何気ない処にふと姿を現す。実に感慨深いよねぇ。
ともあれ川の流れに身を清め、天照大神(アマテラスオオミカミ)の元に参ることにしよう。



● ● ●


Cat Stevens - Lady D'Arbanville (1970)



もしかして、この歌が女に振られてメソメソ女々しく泣きじゃくる歌だと思ってはおられまいか?

・・・・・・

イタリア語の 「D'〜」は、フランス語の 「 De 」 らしく日本語にすると 「〜の」 だ。
なので、「Lady D'Arbanville 」 は 「 Arbanville の淑女 」 の意味になる。

「 D'Arbanville 」 で既に一つの苗字と化しているようだが。

そこで問題となるのが、「 Arbanville 」 である。どうもどこかの地名のように思える。
これも分解してみれば Arban の ville となる。 Arban の ville だぜ、意味深でしょ?
・・・
感の鋭い人はもうピンと来たことだろう。
「 Arbanville 」 は、日本語に訳すると 「 高天原 」 だ。中二の頃だったかな、英語の教科書に出てきてたはず、多分。
つまり、「Lady D'Arbanville 」 は 「 高天原の淑女 」 となり、なんと 「 天照大神 」 を謳った歌なのだ。
おそらく夢の中にでも現れたのだろうな、作者の Cat Stevens も全く無意識の内に曲にしたようだ。

これだけの曲を作りながら神道に参らずにイスラム教に改宗したもんなぁ。おかしいよ、あなた、絶対。

ということだから、この 「Lady D'Arbanville 」 は身を清めてから改めて聴いてくださいな。

・・・・・・
・・・・・・

ところで、'70 年は海の向こうだけでなく、同じ時期にこの日本でも 「 天照大神 」 を謳った歌が現れた不思議。


ダークダックス - 花のメルヘン (1970)



大きなお花はお姉さんのアマテラス、小さなお花は弟のスサノヲだ。
さぁ貴方もいつか五十鈴川のほとりで、是非とも花をね、御覧なさい。

・・・・・・
・・・・・

天照大神(アマテラスオオミカミ)が誰だったのかについては、荒唐無稽様々な説があるけれど、私にも私なりの荒唐無稽がある。
考えを整理して、いつかは・・・とは思っているが、今のところはこの邪馬壱国を確定して日向神話への流れを簡単にだが纏めた
私の別ブログの記事 ● 「 <休憩一服> これで決まり邪馬台国:やはり筑後そして日向
なんかも、もしかしたら眼から鱗が〜というようなことがあるかもしれない。 いや、きっと!


・・・・・・
・・・・・・


Mona Bone Jakon
Cat Stevens
Mona Bone Jakon
曲名リスト
1. Lady D'arbanville
2. Maybe You're Right
3. Pop Star
4. I Think I See The Light
5. Trouble
6. Mona Bone Jakon
7. I Wish, I Wish
8. Katmandu
9. Time
10. Fill My Eyes
11. Lilywhite
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ザ・プレミアムベスト ダーク・ダックス
ダークダックス
ザ・プレミアムベスト ダーク・ダックス
曲名リスト
1. 銀色の道
2. 花のメルヘン
3. 雪山讃歌
4. 山のロザリア
5. 山男の歌
6. 雪の降る街を
7. 夏の思い出
8. 四季の歌
9. ちいさいあきみつけた
10. トロイカ
11. カチューシャ
12. あざみの歌
13. 宵待草
14. 北上夜曲
15. 荒城の月
16. 遠くへ行きたい
17. 赤とんぼ
18. 故郷
19. さくら貝の歌
20. もずが枯木で
21. 母さんの歌
22. 早春賦
23. 旅愁
24. てんさぐの花
Amazonで詳しく見る
by G-Tools







いつものように、画像のトリミング・文字入れは ZonerPhotoStudio で処理。


★GR_049 (Cinema)キャプチャ.JPG
※ クリックで拡大 「 1152*630 」



タグ:GR
posted by Shosyo at 12:00| 宮崎 ☁| Comment(0) | 処々趣々写 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

壁紙・カレンダー : 2017 5月

2017 5月-L
※ クリックで拡大 「 1280 * 850 」


あっという間の葉桜も周りの樹々と共にのびのびと新緑を振りまいている。
なんとも眩しい生命力。
・・・
ほらっ、穴の中にも生命は宿る。当然と言えば当然、言うに及ばずだ。


2017 5月-M
※ クリックで拡大 「 1129 * 750 」

2017 5月-S
※ クリックで拡大 「 978 * 650 」



posted by Shosyo at 12:00| 宮崎 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

ShoSyoShuSyuSha 044 : Di Efchon

★GR_192 Cinema-Alexiou43.jpg
※ クリックで拡大 「 2176 * 1632 : リサイズ50% & 左右カット 」
Ricoh GR - 1/500s F5.6 露出補正±0 ISO160
Jpeg撮影 - ZonerPhotoStudio18 にて「 Cinema 」 処理


平和な日常の有難さを思いっきり味わえる幸せ。
時間がのんびりと流れている。おばあちゃんもお元気でね。

● ● ●

いやはや、朝鮮半島の情勢はもはや一触即発だ。

肥大化した自我を誇示しようと刃物を振り回す奴がいる。傍迷惑極まりない。
その周りにいる人間は身を守らねばならない。逡巡するまでもない、当り前の本能だろうと私などは思うのだが、
「 刃物を振り回す奴を興奮させる側に問題がある。悪いのはお前等の方だ 」と言う人間が必ず出てくる。
・・・
脳みそが左巻きになった奴の屁理屈に事態は思考停止状態になる。そして悪化する。傍迷惑極まりない。
甘やかし、そして甘やかし、あっという間に振り回していた小刀は大鉈になってしまった。
しかし脳みそが左巻きになった連中はまだ 「 刃物を振り回す奴を興奮させる側に問題がある。悪いのはお前等の方だ 」と言っている。

これでは、肥大化した自我を培養しているだけだ。何が楽しい?
・・・
あの時ならまだ間に合ったのに。あの時でもまだ間に合ったのに。あの時でさえまだ間に合ったのに。
肥大化した自我はとうとう・・・ステージWだ。

聞けば、在韓邦人が 3万8000人もいるとのこと。大丈夫だろうか?


・・・・・・
・・・・・・

私は紅白歌合戦というものを観たことがない。本当に私は音楽事情と云うものに疎い。自覚している。
・・・
故に今になって知ったわけだが、何とかというグループが自分らの何とかという歌の宣伝をあの朝日新聞に載せたらしく、
その歌の内容が海外で事件事故が起きた時のニュースでの 「 日本人の被害はありません 」 の一文に噛みついているそうで。

思い返せば、私も10歳児の頃に同じことを言っていたので解らんでもない(笑) 親にまた言い出したと嫌な顔をされていたもんだ。
・・・
ということで、曲名を教えてもらい歌詞を読んでみた。
好きな女と一緒に居たい時に、そんな俺に関係ねぇ情報なんて流すなよ!と言いたいらしい。
昔から 「 気分でリベラル 」 の程度はこんなもんだな。10歳児レベルと言っていい。

今回、もし大事になったら 3万8000人の知り合いの方々が 「 日本人の被害はありません 」 の一文をどれほど望むことか。
この何とかというバンドの何とかという御仁は、またもや自分に関係ないその一文にムカッとするんだろうが、
まぁ自分の好きな女と乳繰り合うなりして、自分に無駄な情報でもそれをやり過ごす太っ腹な 「 気分でリベラル 」 を持ってもらえると有り難いよね。

3万8000人の知り合いになり代わってお願いしますね。



● ● ●


Haris Alexiou - Di' Efhon:祈りをこめて (1992)


Haris Alexiou - Magissa:魔性の女 (1992)



80年代後半から90年代に入る頃になると、一気にワールド・ミュージックの CD が増えてきて、
これもその中の一枚。帯にギリシャ・ポップ ”ライカ”の女王ハリス・アレクシーウとある。
・・・
彼女の CD は手元に他に 3枚あるけれど、このアルバムだけ少々毛色が異なっている。
他は惚れた腫れたの恋愛を歌う内容が多いが、これだけは時代の悲しい世界情景や人生を謳い纏めているからだ。

DiEfchon-lyrics.JPG
※ クリックで拡大 「 980 * 650 」

アルバムの発売年が'92年。ベルリンの壁は崩れ、ソ連は崩壊した。これから世界はだんだん明るくなると思えた。
・・・
ところが中東では相も変わらず紛争まみれ、'91年には湾岸戦争が勃発。加えてお隣ユーゴスラビアも内紛で血まみれだ。
一方、日本でもあの朝日新聞が再び他者を貶めるフェイクニュースを垂れ流し始めた。
未だに嬉しそうにしているところを見ると、性根の悪さってなかなか治らないもんなんだなぁと診た方がよさそうだ。

右も左も戦争だらけ。堪ったもんじゃないだろう。乳繰り合ってる場合じゃなかったということだろう。


・・・・・・
・・・・・・


Di Efchon:祈りをこめて
Haris Alexiou:ハリス・アレクシーウ
祈りをこめて
曲名リスト
1. Di Efchon:祈りをこめて
2. 魔性の女
3. コンサート
4. 秋
5. ノスタルジアの夜
6. 迷えるフラメンコ
7. 海辺のサンダル
8. 過ぎし若きあの頃
9. カレリア
10. 故郷
Amazonで詳しく見る
by G-Tools







いつものように、画像のトリミング・文字入れは ZonerPhotoStudio で処理。


★GR_192 Cinema-Alexiou43キャプチャ.JPG
※ クリックで拡大 「 1152*630 」



タグ:GR
posted by Shosyo at 17:00| 宮崎 ☁| Comment(0) | 処々趣々写 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
(05/22)ShoSyoShuSyuSha 046 : Solace
(05/14)ShoSyoShuSyuSha 045 : Lady D'arbanville / 花のメルヘン
(04/29)壁紙・カレンダー : 2017 5月
(04/24)ShoSyoShuSyuSha 044 : Di Efchon
(04/20)ShoSyoShuSyuSha 043 : Midnight At The Oasis / Can't Beleve You're Mine
カテゴリ
日記(38)
処々趣々写(52)
DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED(3)
DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II(2)
DA 16-45mm F4 ED AL(2)
FA★ 24mm F2 AL(4)
FA 31mm F1.8 AL Limited(4)
FA 50mm F1.4(3)
Helios 40-2 85mm F1.5(1)
DFA MACRO 100mm F2.8 WR(2)
RICOH GR(4)

タグクラウド

ファン